和の勾玉セラピー♡陰陽統合で潜在意識の岩戸開き♡あなたの潜在意識からのメッセージをお伝えします

和の国日本の和の心 和に込められた先人達の大きな愛 未来の日本に和を繋ぎましょう ♡*(ღˇ◡ˇ)*♡  陰陽統合♡勾玉セラピー okka 喋り場 彩(さい) 北海道札幌市

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チャイルドマインダー養成講座5回目

チャイルドマインダー養成講座5回目のテーマは
「遊びの指導」。

前回のテーマ「こどもとのコミュニケーション」の続きで
問題行動を起こす子供に対してどう対応したらよいかを考える
ロールプレイングから始まりました。

子供の役、その弟、親、友達などに扮して
ストーリー通りに演じてみてみます。
子供を演じるのももちろん大人。
でも親から一方的にガミガミ怒られると
演技とわかっていてもイヤな気分
そうやって子供はどんな気持ちになるかを考えながら
保護者がどう子供に接するべきかを考えます。

そして次のテーマは「遊びの指導」。

近所に空き地があって
そこは出入りしても怒られることはなくて
道路には砂利道がたくさん残っていて
交通事故や人さらいに気をつける習慣などなくて
年齢幅が8歳くらいある遊び仲間が7、8人はいて
家の中で遊ぶなんてつまらなくって
いつもみんなと日が暮れるまで外で遊んでいた子供の頃。

そんな最後の世代のわたしには
お友達同士で集まって
部屋の中でそれぞれのDSをする今の子供を見ていると
少しさびしい気持ちになります

でも一方でわたし自身
そういう遊びをさせている張本人でもあるんですよね。

子供が安心して外で遊べないんだから
子供の遊ぶ力が衰えていると嘆くのもおかしいし
子供は子供なりに今の世の中で楽しむ遊びを
創造しただけなんだろうなぁ。

どんな環境でも悲観的にならず明るい子供たち。
いつの時代も子供は楽しみを見つける天才なんだなぁ
と思うのでした。


| チャイルドマインダー講座 | 06:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT