和の勾玉セラピー♡陰陽統合で潜在意識の岩戸開き♡あなたの潜在意識からのメッセージをお伝えします

和の国日本の和の心 和に込められた先人達の大きな愛 未来の日本に和を繋ぎましょう ♡*(ღˇ◡ˇ)*♡  陰陽統合♡勾玉セラピー okka 喋り場 彩(さい) 北海道札幌市

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チャイルドマインダー養成講座13回目

チャイルドマインダー養成講座13回目のテーマは
「小児救急救護法」。

「小児救急救護法」に限っては
4週間にわたって1回も休んではいけない必須中の必須授業。
アメリカのメディックファーストエンド社がまとめた
世界中で使われている救護法だそうです。
小児救急救護法だけど大人の救護法も学べて一石二鳥。
以前からいざという時のために救護の仕方を知りたかったので
チャイルドマインダー講座に入っていてほんとラッキーです。

初日は、「救助者の役割」について。
1.健康上の緊急事態に気づく
2.助けようと決める
3.その場の人達の安全を確保する
4.通報する
5.患者に応急手当をする

ビデオを見ながら先生の補足説明を聞いて
5のさわりまでで初日の授業は終了しましたが
どんな時に事故が起きやすいかとか
緊急事態だからこそ素早く冷静な現状確認が重要とか
意識のある患者さんには救助に同意がいるとか
実にためになることばかり。

中でも一番ためになったのが「2.助けようと決める」の
救助することに臆病になる必要はないということ。

いざという時なにをどうしていいのかわからずに
助けたい気持ちはあっても行動にできない人って
いっぱいいると思うんです。
私もその一人。
医療に無知だし、血を見ると倒れちゃうし、
助けるつもりが逆に悪化させてしまいそうで怖いし、
誰かテキパキした人に任せた方が安心だし・・・なんて。

でも・・・
「救急救護法は医療に無縁の普通の人でも
 救急車が来るまでの間
 患者さんの状態を安定させられるようにできているスキル。」

と聞いて、こんなわたしでも人の役に立てるかもしれない!
という期待をもたせてくれました。
もちろん自分の身内に何かあっても
わたしが助けてあげられるかもしれないし!

もちろんそんな場面には出くわさない方がいいんですけどね。



| チャイルドマインダー講座 | 23:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT